AGA。京都市 内科 | 立石クリニック

HOME  > AGA

AGA


頭髪の抜け毛は、男性にとっての永遠のなやみであり、
以前までは一旦進行すると治すのが難しい病態でありました。しかし、近年に入り、その進行を予防・改善する薬が開発され
注目されております。

当院では、男性のアンチエイジング療法として、
プロペシア錠による男性型脱毛症(AGA)治療を行って
おります。


AGAとは

AGAとは、男性に最も多くみられる脱毛症で「男性型脱毛症」の略です。 AGAは、他の脱毛症と異なり、思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、または双方から薄くなり、進行していくのが特徴です。さらに進行すると、細くて短い髪の毛が多くなり、全体としてうす毛が目立つようになります。一般的にDHT(ジヒドロテストステロン:AGAの原因物質)や遺伝がその発症要因とされており、AGAのヒトは全国に1260万人ともいわれております。

プラセンタ療法

プロペシアとは世界60カ国以上で承認されている、世界初めての医師が処方する男性型脱毛症用内服薬です。抜け毛の原因物質であるDHTの産生を抑える薬であり、1日1錠服用することで、AGA患者様の90%に脱毛の進行抑制、または改善の効果が見られたというデータが報告されています。 当クリニックでは、MSD社より販売されている正規プロベシア錠を採用しております。海外製や輸入物は使用いたしておりませんのでご安心ください。
用法は、1日1回1錠服用するだけOKです。
治療の効果は、抜け毛が減ったかどうかが目安となり、3か月程度で効果が出てきますが、その判定には6カ月の服用が必要となります。途中で服用を止めてしまうと、もとに戻ってしまいますので、継続的な服用が必要です。


2年間のプロペシア投与


副作用としては、勃起機能不全(1%未満)や性欲減退(1%〜5%未満)が言われております。また肝機能障害を認めることもありますので、可能であれば血液検査でのフォローをお勧めいたします。 抜け毛は進行性ですので、気になったら早目の治療をお勧めします。

にんにく注射

治療代金のご紹介です。


初診料・・・2,160円
再診料・・・無料(診察を受ける場合のみ1,080円です)
プロペシア錠1mg・・・28錠 8,640円(税込)

このページのトップへ



症状について
・生活習慣病とは ・閉塞性動脈硬化症とは
・メタボリックシンドロームとは ・脳卒中とは
・高血圧症とは ・慢性腎臓病とは
・高脂肪血症[脂質異常症]とは ・睡眠時無呼吸症候群とは
・糖尿病とは ・気管支喘息・咳喘息
・狭心症・心筋梗塞とは ・COPD(慢性閉塞性肺疾患)
・不整脈とは  
・心不全とは  
  診療時間

診療時間

一般外来診療は午前9:00〜12:00/午後5:30〜7:30内に受診下さい。午後3:00〜5:00の時間帯は心臓リハビリテーション及び自由診療の予約外来診療(予約制)です。
※往診・在宅医療も随時受け付けております。

 
お問合わせは、075-722-1131まで
〒606-8117 京都市左京区一乗寺里ノ前町69