検査設備について。京都市 内科 | 立石クリニック

検査設備について
HOME  >  検査設備について

検査設備

超音波検査 超音波検査
超音波検査
最新の超音波機器を採用しており、腹部・心臓の他、下肢動脈・頚動脈の評価を行うことが
可能であります。腹部は消化器認定医(院長)及び副院長がともに担当し、心臓や下肢動脈・
頸動脈については循環器専門医(副院長)が担当致しておりますので適格な診断が可能であります。
 
血圧脈波検査 血圧脈波検査
動脈硬化の程度を評価し、患者様の血管年齢を評価します。
検査内容は非常に簡便で、両上肢・両下肢の4点で血圧を測り、その血圧差をもとに動脈硬化の
程度を計測します。検査は5分程度で終了致します。動脈硬化は生活習慣の改善や薬物治療により
コントロールできますので、当院では診断とともに治療効果判定においても積極的に施行することを
お勧めしております。
また、下肢血圧の差から下肢の血管が詰まる病気(閉塞性動脈硬化症)などの診断も可能です。
 
心電図 心電図
不整脈や狭心症・心筋梗塞などの初期診断を行います。循環器専門医が評価し適切な対応を指示します。
 
ホルター心電図 ホルター心電図
当院では小型軽量化を図った最新鋭の防水型ホルター心電図を採用致しております。
これにより、今まで不可能であった入浴中の心電図変化も捉えることができるようになったことから、
診断能力が向上したとともに患者様にあたえる負担も軽減致しました。
当院では、同検査を行うことで不整脈の評価や狭心症の診断を行い適切な治療を行っております。
もちろん診断は循環器専門医が行います。
 
肺機能検査 肺機能検査
息を吐くだけで、肺活量の他、肺年齢を測定することが可能であります。これにより経年的な肺機能の変化を評価できる上に、最近注目されているCOPD(慢性閉塞性肺疾患)の有無も評価することが可能であります。COPDや気管支喘息などの呼吸器疾患においては、初期段階では自覚症状(咳・痰・息切れなど)が乏しく治療開始が遅れる場合がありますので、当院では喫煙歴を有する患者様には積極的に評価することをオススメいたしております。
 
睡眠時無呼吸検査 睡眠時無呼吸検査
自宅にいながら睡眠時無呼吸症候群の有無を評価・判定することができます。
機械操作も簡便であり患者様自身で操作可能です。いびきや夜間の無呼吸、昼間の眠気でお悩みな方はお気軽にご相談ください。
 
レントゲン検査 レントゲン検査
患者様へのレントゲン被爆量を極めて少なくするため、デジタルレントゲンを使用しております。また最新のDR(デジタルラジオグラフィ)システムを使用しておりますので、レントゲン撮影から1分程度で画像診断が可能であり、患者様をお待たせしないよう心がけております。 撮影は胸部・腹部の他、上・下肢の撮影も行います。胸部では、心臓や肺、気管支、大動脈、肋骨等が写り、心不全や肺炎、肺がん、肺気腫、骨折の有無等が評価でき、腹部では、腸閉塞や腎結石、腰椎骨折などの診断ができます。また上・下肢の撮影を行うことで、外傷による骨折の有無を評価します。
 
骨密度検査 骨密度検査
左手第二中手骨のレントゲン撮影により骨密度を測定し、最新の計測プログラムを使用し骨年齢を測定します。
今までは測定に時間がかかる検査でありましたが、この最新プログラムを使用することにより、撮影後約5分で骨密度測定が可能であります。ご希望の方は気軽にご相談下さい。

このページのトップへ