プラセンタ療法。京都市 内科 | 立石クリニック

プラセンタ療法
HOME  > プラセンタ療法

プラセンタ療法

プラセンタ療法について

“プラセンタ”とは、お母さんのおなかの中で赤ちゃんを守り、育てる役割をもった「胎盤」のことです。
お母さんから赤ちゃんへ酸素や必要な栄養素の供給を仲立ちするのはもちろん、まだ発達途中の赤ちゃんの内臓に代わって消化や排泄をしたり、ホルモン分泌を行ったり、病気にかかりにくくするための免疫を与えるなど、赤ちゃんがおなかのなかで健やかに成長するために、プラセンタは実にさまざまな働きを担っています。
一方、プラセンタは、細胞の増殖・再生のコントロールする物質「細胞増殖因子」を合成・分泌する臓器でもあります。細胞増殖因子がなければ、細胞は新たに作られることはありません。 わずか10カ月ほどの妊娠期間に、たった1つの細胞から40〜60兆個の細胞をもつ赤ちゃんが育つのは、ほかでもないプラセンタが作り出す細胞増殖因子のおかげなのです。 もともと、ちゃんと同じ1つの受精卵から分かれてできたものでありますから、すべての細胞を作り出すための遺伝情報をもったプラセンタは、まさに“母なる臓器”といえるでしょう。

幅広い分野で効能が認められたプラセンタ

漢方医学には、「肝臓の調子が悪いときには動物のレバー(肝臓)をたべるとよい」というように、自分の不調な部分と同じ動物の部位をたべると回復するという考え方があります。
患部に不足した栄養素や酵素、細胞の再生に必要な情報を与えてくれる有効成分などを補給するのに、非常に効率的な方法であるといえます。
では、とくにどの部位に不調や痛みを感じるわけでもないのに、何となく全身がだるい、肌荒れがひどい、気分や体調がすぐれないというときには、一体どうしたらよいのでしょう。
はっきりと原因が分かっている病気以外にも、私たちのからだや心は不調を感じることが多々あるものです。 実は、こんな時こそ試したいのがプラセンタです。プラセンタには、ヒトのすべての細胞をつくり出すために必要な情報と栄養素が含まれています。実際、プラセンタから抽出された様々な成分は医薬品として販売されており、肝臓機能の改善や更年期症状の改善、滋養強壮など、幅広い分野で効能が認められた数少ない成分なのです。


プラセンタ注射・点滴について

プラセンタを用いた医薬品の中で、今もっとも注目を浴びているのは、プラセンタ注射でしょう。肝機能障害の治療薬として数十年前の実績があり大きな成果を上げていますが、特別な副作用がみられない非常に信頼性の高い薬です。日本国内で出産した健康なお母様から提供を受けた胎盤を用いて製造されています。
プラセンタ注射に含まれる細胞増殖因子には、幹細胞増殖因子だけでなく、神経細胞増殖因子や上皮細胞増殖因子などたくさんの種類があり、それぞれの果たす効果に注目が集まっています。 治療を受けた患者様からも「肩こりがなくなった」、「よく眠れるようになった」、「めまいがなくなった」「かかとや手のカサカサがなくなった」「朝起きるのが楽になった」など、予想外の効果を耳にすることがあります。また、「肌のくすみが薄くなった」「肌にハリがでて、化粧のノリがよくなった」などの美容面での効果も多く聞かれます。海外でも健康や若さの維持に多くの人々が積極的に使用されております。

プラセンタで効果がある疾患

内科系
肝炎・肝硬変、動脈硬化性疾患、慢性胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、潰瘍性大腸炎、糖尿病、高血圧、低血圧、高脂血症、気管支喘息、貧血、慢性疲労、便秘症など

婦人科
更年期障害、月経不順、便秘、冷え性、生理痛、高プロラクチン血症など

皮膚科
アトピー性皮膚炎、発毛促進、じんましん、湿疹、ケロイド、シミ、そばかす、 しわ、たるみ、ニキビ、美容・美白・若返りなど

耳鼻科
アレルギー性鼻炎、メニエール病、めまい症、花粉症など

整形外科
慢性関節リウマチ、変形性関節症、関節炎、神経痛、腰痛、五十肩、肩こりなど

泌尿器科
前立腺肥大、膀胱炎など

精神科
うつ病、神経症、自律神経失調症、不眠症など

その他
精力増進・滋養強壮、疲労倦怠改善、男性・女性ホルモンバランスの調節、虚弱体質、病中・病後の体力回復、風邪予防など

プラセンタエキスの薬理作用

プラセンタエキスには下記のような薬理作用があります。

自律神経調整作用:自律神経を調整する。
内分泌調整作用:ホルモンを調整する。
免疫賦活作用:病気に対する抵抗力を高める。
基礎代謝向上作用:基礎代謝をあげ、細胞や臓器の働きを活性化する。
活性酸素除去作用:活性酸素を中和し、酸化を防ぐ。
抗炎症作用:炎症を抑える。
創傷回復促進作用:壊れた組織の修復を促進する。
精神安定作用:精神を安定させる。
強肝・解毒作用:肝臓の働きを強化する。
乳汁分泌促進作用:乳汁分泌を促す。
抗アレルギー作用:アレルギーを抑える。
体質改善作用:体質の改善を促す。
血行促進作用:血液の循環をよくする。
造血作用:血液の生成を促す。
血圧調整作用:血圧を調整する。
疲労回復作用:疲労の回復を促す。
食欲増進作用:食欲を促す。


プラセンタは色を白くする、シワが見立たなくなるなど非常に高い美容効果があり、それらの目的のためにプラセンタ注射が行われます。
そのためプラセンタは化粧品成分としても人気があり、美白目的とした化粧品の有効成分としても用いられております。 生体に必要なアミノ酸やビタミン、ミネラルを非常に豊富に含むプラセンタは、肌に潤いを与え、キメを整え、ターンオーバーを正常化して、健康な素肌を保つ働きを持っています。また、プラセンタがアトピー性皮膚炎の治療にもちいられることからもわかるとおり、敏感な肌にも使うことができます。

プラセンタの美肌作用

美白:シミの元であるメラニン色素の生成を抑えます。
保湿:高い保湿力で、長時間しっとりとした肌をキープします。
細胞の増殖再生:新陳代謝を高め、ターンオーバーを正常化し健康な肌をつくります。
コラーゲンの生成:肌の弾力を決めるコラーゲン生成をサポートします。
血行促進:血流を促し、健康で美しい肌をつくります。
抗酸化作用:老化の原因となる活性酸素の発生を抑えます。
抗炎症作用:ニキビや赤み、かゆみなどの炎症を抑えます。
抗アレルギー作用:免疫システムを調整・回復し、アレルギー反応を抑制します。
免疫賦活作用:免疫力を高め、強く健康な肌をつくります。

治療メニュー一覧

プラセンタ注射
筋肉注射で投与しますので、時間のない方にオススメです。

1アンプル:1,400円(税込)、2アンプル:2,160円(税込)

プラセンタ注射
プラセンタエキスを2アンプル以上投与する場合は点滴をオススメします。

2アンプル:2,700円(税込)、3アンプル:3,780円(税込)、4アンプル:4,860円(税込)

にんにくプラセンタ点滴
プラセンタエキスに加え、にんにく注射の成分を配合した点滴メニューです。

3,780円(税込)

美白プラセンタ点滴
プラセンタエキスに加え、美白剤を配合した美白用点滴メニューです。

3,780円(税込)

スーパープラセンタ点滴

プラセンタエキスに加え、にんにく注射成分と美白成分をすべてブレンドしたスペシャルメニューです。スポーツ選手や芸能人も使用しています。

4,860円(税込)

このページのトップへ



症状について
・生活習慣病とは ・閉塞性動脈硬化症とは
・メタボリックシンドロームとは ・脳卒中とは
・高血圧症とは ・慢性腎臓病とは
・高脂肪血症[脂質異常症]とは ・睡眠時無呼吸症候群とは
・糖尿病とは ・気管支喘息・咳喘息
・狭心症・心筋梗塞とは ・COPD(慢性閉塞性肺疾患)
・不整脈とは  
・心不全とは  
  診療時間

診療時間

一般外来診療は午前9:00〜12:00/午後5:30〜7:30内に受診下さい。午後3:00〜5:00の時間帯は心臓リハビリテーション及び自由診療の予約外来診療(予約制)です。
※往診・在宅医療も随時受け付けております。

 
お問合わせは、075-722-1131まで
〒606-8117 京都市左京区一乗寺里ノ前町69