アンチエイジング。京都市 内科 | 立石クリニック

高濃度ビタミンC点滴療法
HOME  > 高濃度ビタミンC点滴療法

高濃度ビタミンC点滴療法

“高濃度ビタミンC点滴療法”とは、高濃度のビタミンCを静脈内に点滴注入し血中のビタミンC濃度を急激に高めることで、その高い抗酸化作用から老化の予防に加え、美肌・美白効果や疲労回復・風邪の予防効果などの全身におけるアンチエイジング効果が期待できる治療法です。またガン細胞を死滅させる作用も併せ持ち、通常の抗ガン剤とは異なる副作用の少ないガン治療としても注目されております。

当院では、高濃度ビタミンC点滴療法認定医が治療にあたり、患者様のニーズに合わせた安全かつ快適な点滴治療を実践いたしております。


ビタミンC内服ではダメなの?

ビタミンCには、抗酸化作用の他、メラニン合成抑制作用やコラーゲン合成促進作用、免疫能強化作用があると言われておりますが、人間は体内でビタミンCを合成することはできず、また経口より摂取したビタミンCだけでは、その効果を発揮するのに十分なビタミンC血中濃度を維持することは困難とされております。そこで、高濃度のビタミンCを点滴で投与し血中内のビタミンC濃度を急激に上昇させることで、内服のみでは十分に発揮できなかった様々な効果を発揮することが明らかとなりました。


アンチエイジングとしての効果は?

老化予防効果
高濃度ビタミンC点滴は、ビタミンCが元来もつ抗酸化作用により、老化の原因とされる活性酸素を無毒化し老化現象を食い止めるとされております。

美白・美肌効果
前述の抗酸化作用の他、メラニン産生抑制作用及びコラーゲン合成促進作用により、美白効果や肌のキメやハリを改善させる美肌効果をもたらすとされております。

疲労回復効果
免疫機能強化作用を有していることから、疲労回復効果があります。

感染予防効果
免疫機能強化作用を有していることから、風邪などの感染症の予防効果があります。

口腔機能改善効果
歯周病や口内炎などの口腔内疾患を改善させる効果があります。

生活習慣病改善
高脂血症や糖尿病などの生活習慣病の改善効果が期待できます。

どうしてガンに効くの?

高濃度ビタミンC点滴療法は、過去に2回のノーベル賞を受賞した米国のライナス・ボーリング博士により、「末期がん患者にビタミンCを内服及び点滴投与したところ、延命効果が得られた」という学説発表から生まれました。2005年に米国の国立衛生研究所(NIH)が、「高濃度ビタミンC点滴には選択的な抗ガン作用がある」という研究結果が発表したことで、アメリカで大ブームとなりました。

ビタミンCのサプリメントを口からたくさんとっても、ガン細胞を殺す程度まで血中濃度が十分上がる前に、そのほとんどが体の外に排出されてしまいます。しかし、血管から大量のビタミンCを投与すると、細胞の周囲にしみ出したビタミンC自らが酸化されることによって発生する大量の過酸化水素が、それを代謝する酵素であるカタラーゼをほとんどもたないガン細胞だけを攻撃し抗ガン作用を発揮するといわれています。

通常の抗ガン剤は、正常細胞にもダメージをあたえてしまうので、さまざまな重篤な副作用をきたす恐れがありますが、ビタミンCはカタラーゼをもつ正常細胞には影響を起こさないため、ガン細胞だけに選択的に毒性をしめし、正常細胞には何ら害を与えないとされています。

ガン患者様においては、ガン病巣の縮小に加え、食欲増進効果や全身倦怠感の軽減・消失といった全身状態の改善効果を同時に期待できる治療法なのです。

注)高濃度ビタミンC点滴療法は代替医療ですので、すでに有効な抗ガン剤に代わるものではありません。

治療の実際について

治療の実際について
初診時に、問診を行い治療の適応を確認します。
治療の実際について
治療前の必須検査として、G6PD欠損症を除外するためにG6PD検査を受けて頂きます。 腎不全・心不全の疑いのある方は、血液検査で適応の有無を検討する必要がありますが、他院での検査データがあればそちらを代用させていただき評価します。
治療の実際について
【アンチエイジング効果を目的とされる場合】
ビタミンC12.5g /日から開始して頂き、その後25g /日へ増量し継続治療します。点滴の頻度は週1回から2週間に1回での継続をお勧めしております

【ガン治療を目的とする場合】
ビタミンC12.5g /日から開始して頂き、25g /日、50g /日(最大100g /日)へと目標に応じて増量していきます。 ビタミンC濃度測定を行いながら、至適なビタミンC濃度が得られるまで増量することをお勧めします。 点滴の頻度は、当初の6カ月間は週2〜3回のペースで行い、有効例では週1回で6カ月間、その後隔週1回を1年間、その後月1回で治療継続して頂きます。

治療が受けて頂けない患者様は?

下記の患者様は、治療導入により全身状態を悪化するおそれがありますので、治療を受けることができません。

・G6PD欠損症の患者様
・活動性のある心不全を有する患者様
・腎不全があり透析治療を検討・導入されている患者様

副作用について

高濃度ビタミンC点滴療法は重篤な副作用が少ないのが特徴とされております。出現しうる副作用としては、血管穿刺部位の痛みや頭痛、吐き気などの症状がありますが、脱水・低血糖状態での治療をひかえたり、症状出現時に点滴速度を緩徐にしたりすることで多くは解決されます。



このページのトップへ



症状について
・生活習慣病とは ・閉塞性動脈硬化症とは
・メタボリックシンドロームとは ・脳卒中とは
・高血圧症とは ・慢性腎臓病とは
・高脂肪血症[脂質異常症]とは ・睡眠時無呼吸症候群とは
・糖尿病とは ・気管支喘息・咳喘息
・狭心症・心筋梗塞とは ・COPD(慢性閉塞性肺疾患)
・不整脈とは  
・心不全とは  
  診療時間

診療時間

一般外来診療は午前9:00〜12:00/午後5:30〜7:30内に受診下さい。午後3:00〜5:00の時間帯は心臓リハビリテーション及び自由診療の予約外来診療(予約制)です。
※往診・在宅医療も随時受け付けております。

 
お問合わせは、075-722-1131まで
〒606-8117 京都市左京区一乗寺里ノ前町69